住宅営業職 主任

来田 龍哉

目指すのは自他共に認める


プロフェッショナル

住宅営業職 主任 来田 龍哉
住宅営業職 主任 来田 龍哉

研修を終えてから2年間で、合計10件の契約を獲得した。幅広いジャンルを扱える対応力もさることながら、ライバル企業がひしめく注文住宅の案件を受注した提案力にも定評がある。会社からは将来のエースとして期待されている。

WORK
仕事について

住宅営業職 主任 来田 龍哉

HPや広告を見てお問合せをくださったお客様に対し、最適な土地をご紹介するのがメインの仕事です。お客様の中には、家は買いたくても自分自身でニーズを把握しきれていない方もいらっしゃるので、こちらからコンサルティングすることが重要となります。不動産の営業マンである以上、契約を頂くことはある種のゴールかもしれませんが、お客様からすれば家が完成してからが始まりのはずです。完成後も他部署の社員と協力して、お客様に心地よく暮らしていただくサポートにも力を注ぎたいと考えています。

FUTURE
業界や会社にどんな爪痕を残したいか

不動産業界の動向として、金額の安さの影響もあり、中古物件の需要が高まっていくと言われています。それもあって現在は新築物件の営業ですが、中古物件販売の勉強もしてゼネラリストになりたいと思っています。時代やトレンドに合わせた知識をつけていき、何でも案内ができるプロになってみせます。

用地買収職 係長

宇和 幸宏

今の会社に、


大きな風を起こす

用地買収職 係長 宇和 幸宏
用地買収職 係長 宇和 幸宏

今までのビーバーハウスに無かった事業を立ち上げ、結果を出すことに成功した。会社に利益をもたらす方法を考える姿勢が評価されている。さらに、他部署の若手社員のメンター役としても活躍しており、後輩からの信頼も厚い。

WORK
仕事について

用地買収職 係長 宇和 幸宏

簡単にいうと、家を建てるための土地を仕入れるのがメインの仕事です。地主や業者との人脈がものを言う仕事ですので、業界のネットワークを広げるよう努めています。情報収集力とフットワークの両方が重要な仕事です。また私は中古マンションの一室を仕入れてリノベーションを行い、それを販売するという再販事業を立ち上げたのですが、現在はそのビジネスをさらに強化することにも取り組んでいます。用地買収職で培った行動力が、新規ビジネスの確立において大いに役立っていると思っています。

FUTURE
業界や会社にどんな爪痕を残したいか

好奇心旺盛な性格なので色々やりたいとは思っています。自分の今のスキルを持って他部署に異動してみるとどうなるのか、など想像すると楽しいです。大きな夢でいうと、アウトレットモールを造ってみたいです。交渉力、人間力、人脈など今の仕事であらゆる要素に磨きをかけてきましたが、その集大成はそういった大きな事業に携わることだと思っています。

施工管理職 主任

阪本 純司

施工管理職 主任 阪本 純司

極めることに、こだわる

施工管理職 主任 阪本 純司

新卒入社後、新築とリフォームの両方で施工管理経験を積む。顧客、後輩、取引先などあらゆる関係者から信頼され、新卒入社から4年目で主任の座に上り詰めた。職人らしい落ち着きがある一方で、社内の行事では積極的に場を盛り上げようとするムードメーカーでもある。

WORK
仕事について

施工管理職 主任 阪本 純司

いわゆる現場監督という仕事です。入社当初は新築の現場に携わっていました。それから数年たってリフォームの現場に行くようになりました。新築はやはりゼロからモノづくりができる楽しみがあると思います。一方、リフォーム案件の最も大きな特徴は、現場に暮らしているお客様がいらっしゃるということ。自分は話すのが得意だとは思いませんが、案件が終わった後にお客様と楽しく話すのは好きです。案件が完了し、お客様に「仕事が終わったからもう会えなくなるね」と別れを惜しんでいただいたこともあります。総じて、施工管理は出会いに溢れた仕事だと思います。

FUTURE
業界や会社にどんな爪痕を残したいか

今でこそ資格を獲得して現場にもたくさん携わりましたが、知識に関してはまだまだ上司には及びません。一年でも早く追いつき、そして追い越したいと思っています。本で学ぶことも大事ですが、まずは実践。それを繰り返していくことで自分を高めていきたいです。チームのマネジメントなどにも興味がありますが、まずは自分自身を最高の技術職人にしたいです。