購入者インタビュー|ビーバーハウスの新築一戸建て

インタビュー一覧へ戻る

初めてのマイホーム購入で大成功!その理由とは…

探し出して1か月で将来を決める大きな出会い
結婚して4年。子どもが大きくなってきたし、一戸建てを持つのはやっぱり憧れ。という気持ちで探しはじめました。特に期限があるなど焦りもなかったので、とりあえずいろんな会社を回ってみようか、みたいな割とのんびりしたスタート。けれど、探し出して1か月ほどである決断をしました。それは「この人から家を買う!」という決断。それがビーバーハウスのTさん(営業スタッフ)です。
信頼できる人に出会った、という確信
ビーバーハウスさんの事はそれまで全く知りませんでした。後々ネットで調べたら、結構大きな会社でびっくりしたほど(笑)。知らない会社の営業マンになぜそこまで惚れ込んだかというと、「人と人との付き合い」ができると直感したからです。損得で仕事をしていないというか、真正面から向き合ってくれるというか。いいことばかりを言うのではなく、デメリットもちゃんと伝えてくれる。丁寧すぎず、なれ合いでもなく。とてもフレンドリーで話しやすいけど、一線は超えてこない。Tさんという人柄が私たちにピタっとはまりました。人見知りの子どもがすごくなついたしね。

子どもをのびのび育てられる、新しく大きな街が見つかった
「この家がほしい」ではなく、「この人から家を買う」という決断をした私たちは、それから高井さんと共にビーバーハウスの分譲地をたくさんまわりました。はずせない希望は「都会すぎず、田舎すぎずの場所で2階建て」。たくさん紹介してもらった中で気に入ったのはこの「イエ・フェスタ八尾」です。まだモデルハウスも建っていない頃でした。総62戸という大きな規模の街なので、子どもの友達がたくさんできそうだし、すでにできているコミュニティに入るのではなくみんなが引っ越してくる新しい街なので近所付き合いもしやすそう。それに車が通り抜けできないので街の人以外の車は入ってこないという安心感。さらに角地が選べたというのも大きかったですね。とにかくすべての条件が整った街でした。

迷ったり、悩んだりしたけどモデルハウスが解決してくれた
家を建てるって、コンセントの場所まで決めることができるのですね。家づくり初心者の私たちはそんな初歩的なことさえ知らなかったので、プランを練る際は少し苦労しました。設計担当の都築さんに希望をぶつけてまとめてもらう作業を続けたのですが、なんと、設計だけで4か月もかかったのです! 自分たちで全て決められる楽しさもあるけど、悩んでしまって決められない…。そんな状態を解決したのはモデルハウス。ビーバーハウスさんって、モデルハウスがたくさんあるんですよね。数えきれないほど回って、イイトコどりをしました。例えばフローリングの色やエコカラット、テレビボードを造り付ける、玄関入ってすぐの土間収納、カップボードなどなど、よく考えてみたらモデルハウスの真似ばかりですね(笑)。

テーマは「広くて、開放的で、風が通る家」
リビングからテラスにつながる全面開放できる窓にはこだわりましたね。窓は都築さんに探してもらって、デッキも特注で作ってもらって。本当に理想通りのカタチになりました。また、家具などを置かず、できるだけシンプルに暮らしたかったので、収納はたくさん造り付けました。おかげで1年ほど住みましたが、収納はまだまだ余っていますし、リビングはスッキリしたままです。寝室の広さもこだわりました。寝ているとはいえ、長い時間を過ごす場所だからできるだけゆったりしたい、という気持ちがありましたからね。大きなベッドを置いて、ノビノビできる広さがとっても気に入っています。
「家ができてくるワクワク感がたまらない!
建築中は妻が自転車に娘を乗せて、30分以上かけて週に2回は見学していました。その都度、写真を撮って、大工さんや職人さんに説明を聞いて。仕事から帰ってくると妻がその写真を見せながら進捗状況を報告してくれるんです。家ができてくる段階を見るのはとても楽しくて、ワクワクしましたね。 大工さんや職人さんもとてもいい人ばかりで、礼儀正しくて。子どもと遊んでくれたりするんです。ちょっと大工さんのイメージが変わりました。建築中に撮った写真を妻がまとめてアルバムにしているのですが、見返すと感慨深く、とても記念になりました。

理想の暮らし方ができて、家族とすごす幸せの時間を堪能
いっつもリビングでゴロゴロしています。気持ちいいですよ~。冬は床暖房でぬくぬく生活でした。春先はテラスで本を読んで、隣では子どもがシャボン玉をして。最近は暑くなってきたので、テラスに子ども用プールを置き、水遊びを楽しみました。子どもが喜ぶ姿がうれしくって、可愛くって。都会だとこんなにオープンに暮らせないけど、ココは知らない人はほとんど通らないから安心。妻はそういう安心感が気に入っています。夫婦仲もとってもいいんですよ。ストレスがたまらないからかな。

初心者だけど、相当いい家が建てられたと実感する日々
3回建てなきゃ、満足する家は建てられないって聞くけど、私たちは1回目で不満はほとんどない家を建てることができました。その理由は営業さんだと思います。本当にサポートしてもらえたし、信頼ができたから安心して任せられた。これは大きいですよね。ですからこれから家を建てる人も、自分たちにハマる営業スタッフを見つけること、これが成功のポイントなのではないでしょうか。

担当者からひとこと

営業担当 髙井浩平

営業担当 
Tさまはご夫婦仲が良くて、お子様も可愛くて僕の理想の家族です。
最初から「T君に任せるわ」と言ってくれて、信頼してもらえた事がとてもありがたく、一生懸命がんばりたいと思わせてくれるお客様でした。駆け引きや隠し事がなく、真正面から正直にいい家を建てたい、と一生懸命でしたので、暮らしを楽しんでおられる姿を見て心から嬉しいです。
  • 資料請求
  • 公式HPへ