アフターサービス

信頼と「証」と充実のアフターサービス 信頼と「証」と充実のアフターサービス

当社の設立当初から、会社方針として、「信用政策」があげられています。 住まいは高価な買い物です。
お買い求めいただく住まいを正しくご理解していただき、ご納得いただいた上で、ご購入いただくことが大切です。

独自の「建物保証書」「家歴書」の発行

施工検査履歴等を記載した住まいのカルテ

ビーバーハウスは、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の制定・施工以前から建物のお引渡し時に独自の建物保証書を発行してまいりました。
現在では建物保証書はもちろんのこと、施工検査履歴や工事写真等を記録した家歴書(2008年5月より実施開始)をお渡ししております。
独自のアフターサービスで、ご入居後のさまざまなご相談に対応しています。

左:建物保証書/右:家歴書

家歴書とは?

家歴書とは新築時「構造体の内訳」「構造計算書」「地盤調査報告書」「建材」「配線・配管図」など施工内容をデータ化した「住宅履歴書」のことです。
通常の工事監理だけではなく独自の工事監理項目(百数十項目)記録や、各工程で撮影した写真や動画、最終的に出来上がった建物の図面や許認可等などをまとめて【家歴書】としてお渡しします。
メンテナンスやリフォーム時に適切で効率のいい点検・交換・改修を行うことが出来、何より住宅の価値を評価するのに有効です。

書類一覧
  • 検査済証
  • 中間検査合格証
  • 確認済証
  • 建築確認申請書 第1面〜第5面
  • 建築確認申請書、
    届出書もしくは許可証
  • 竣工図
  • 地盤調査報告書
  • 建材 メーカーリスト
  • 工程表
  • 配線・配管図
  • 工事写真

定期点検

当社では、上記の保証に加えてお客様がいつまでも快適にお住まいいただけるよう、定期点検を行っております。お引渡後、「1年」・「2年」の2回は無料で定期点検を実施しています。5年目以降(※一部は有料)はお客様のご希望に応じて点検を実施します(図参照)。 安心して末永く快適にお住まいいただけるよう、お引き渡し後も丁寧にサポートします。
定期点検以外でも、ご連絡いただけば迅速に対応しますのでご安心ください。

定期点検等長期タイムスケジュール

安心の保証「まもりすまい保険」

住まいを購入されるお客様に対し、安心して暮らしていただく為に住宅瑕疵担保履行法に基づく「住宅瑕疵担保責任保険(まもりすまい保険)住宅保証機構株式会社」に加入しています。

まもりすまい保険とは

まもりすまい保険とは、住宅保証機構株式会社による、すまいの基本的な耐力性能もしくは防水性能が満たせないときの補修費用を補償することのできる、『特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)』で定められた保険です。

左:住宅保証機構のギャラクター「まもりす」
右:まもり住まい保険登録証

瑕疵担保責任

瑕疵担保責任とは、買った家等に瑕疵、つまり何らかの傷や欠陥がある場合に売主が負う責任を言います。
瑕疵担保責任が問える期間は下記のようになっています。
(1)民法では、買主が瑕疵(欠陥)がある事を知ってから1年。
(2)宅建業法(売主が宅建業者である場合)では、引渡しの日から2年。

保険の対象となる基本構造部分

住宅瑕疵担保履行法に基づき定められた、構造耐力上主要な部分および、雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任の範囲が保険の対象となります。

手付金等保証システム

西日本住宅産業信用保証(株)が保証書を発行。信頼のシステムでお客さまの手付金等を保証いたします。

手付金等とは

お客様が、不動産会社(宅地建物取引業者)からマンション・宅地・建物等を購入されるとき、一般的に売買契約を結んでから物件の引渡しを受けるまでに、手付金・中間金などの名目で売買代金の一部を支払われますが、これらの売買代金に充当される金銭を「手付金等」といいます。

手付金等保証書とは

契約前にお預かりする手付金等は、登記が完了するまで不安定な状態にあります。そこで法律では「手付金等の保全措置」が定められていて、売主が一定額を超える手付金を受領する場合、保全措置を講じる義務があります。ビーバーハウスでは、お客様からお預かりした手付金等は、国土交通大臣の指定保証機関として設立された西日本住宅産業信用保証(株)が発行する保証書で保証いたします。

一括資料請求

close

ネットで来店予約

close

ページトップ